Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

2. 紫外線は外壁の大敵!?知っておくべき影響とその対策


「外壁が色あせてきたな・・・」
「紫外線って外壁にも影響あるの?」
こういった考えをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
美容にとって天敵の紫外線。
実は、外壁にとっても同じなのです。
そこで今回は、紫外線が外壁に与える影響と、その対策方法をご紹介します。

□色あせの原因は紫外線?
家の壁が色あせてきたと感じる方も多いのではないでしょうか。
この原因の一つに挙げられるのが、「紫外線」です。
もちろん雨水や風によっても、色あせは生じますが、そのほとんどは紫外線と言えます。
そのため、紫外線がよくあたる南側の方が、色あせる速度が北側に比べ速いのです。
ではなぜ、紫外線によって色あせが起こるのでしょうか。

*塗装は日焼け止めクリームと同じ
塗り替えを行うことによって、壁には薄い塗膜ができます。
この塗膜は非常に大切で、塗膜によって、雨風や汚れから家は守られています。
しかし、紫外線を浴びることによって、この塗膜によるバリアが壊されてしまうのです。
その結果、ひび割れやはがれが生じたり、雨や雪などによってダメージを深くしたりします。
外壁の塗り替えを行うことは、日焼け止めクリームを塗って肌を守るように、紫外線から家を守ってくれているのです。

□処方箋よりも予防が肝心!
紫外線による塗膜の劣化は、日が当たる限り、どうしても避けられません。
そのため、時期が来たら外壁塗装を行うことで、予防することをおすすめします。
塗り替えの時期の目安としては、色あせが目立ってきたり、チョーキングと呼ばれる、白い粉が壁を触ると付いてくる現象が起きたりしたら、外壁リフォームを検討しましょう。

*塗料選びの注意点
色あせは、暖色系の塗料の場合、透明度が高い色ほど目立ってしまいます。
塗膜は経年劣化するため、塗り替えは一定時期を経たら行うことをおすすめしますが、できるだけ目立たせたくない場合は、寒色系の塗料を選びましょう。
また、近年では、紫外線対策が施された塗料もあるため、そちらの使用も検討してみてください。

□まとめ
今回は、紫外線が外壁に与える影響と、その対策方法をご紹介しました。
紫外線から大切な家を守るためには、しっかり塗り替えを行っていくことが大切ですね。
色あせが気になる方は、まずは一度相談してみることをおすすめします。
また三洋リフォームでは、30年以上「手塗り」での実績があります。
お客様にご満足していただけなければ、全額返金保証も行っています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP