Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

7.【屋根の塗り替えを考えている方必見!】費用の相場はご存知ですか?


「屋根が変色してきたな・・・」
「塗り替え費用の相場って、どれくらいなのかな」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
初めて屋根の塗り替えをする方は、費用相場など、わからないことも多く不安ですよね。
そこで今回は、そういった方へ向けて、屋根の塗り替えの際にかかる費用の相場について、ご紹介します!

□塗料の種類は4つ
塗り替えにかかる費用は、塗料によって大きく左右されます。
塗料の種類は、主に以下の4種類です。
・ウレタン
・シリコン
・フッ素
・無機
まずは、それらの違いについてご紹介します。

*ウレタン
ウレタン塗料は、アクリル樹脂に、ウレタン樹脂を塗ったものです。
値段は安く、耐摩擦性を持ちます。
現在の主流であるシリコン塗料が登場するまで、塗料の代表格でした。
耐用年数は約3~5年です。

*シリコン塗料
最大の特徴は、価格と機能のバランスが良いということです。
カラーバリエーションも豊富なため、人気があります。
また、「親水性」という、水に馴染みやすいという性質を持っています。
そのため、ウレタン塗料などに比べ、汚れに強いという特徴があります。
耐用年数は約5~7年です。

*フッ素塗料
耐久性にとても優れている特徴があります。
撥水性能があり、塗膜も強固なものとなります。
身近なものでいえば、フライパンのテフロン加工から、東京スカイツリーにも使用されています。
耐用年数は約7~10年です。

*無機塗料
無機塗料の「無機」とは、自然界の鉱物物質のことを指します。
結合エネルギーは、紫外線がもつ分解エネルギーよりも強いため、長い間綺麗な状態を維持できます。
耐用年数は約10~15年です。

□費用の相場
ここまで、費用に大きく影響する塗料の種類について、ご紹介しました。
では、それぞれの塗料の相場はいくらぐらいでしょうか?

ウレタン塗料は、約 5,000~15,000円
シリコン塗料は、約15,000~40,000円
フッ素塗料は、約 40,000~80,000円
無機塗料は、約50,000~120,000円

この価格は、一缶あたりの値段です。
一般的な住宅の場合、塗装する際に使用する缶数はおおよそ2缶程度となるため、注意しましょう。
また、上記は目安の為、メーカーや製品によって価格は異なります。
ここから分かるのは、耐久年数が長いほど費用は高くなり、短いほど安いということです。
そのため、塗料選びのポイントとしては、塗り替え回数まで考慮しておくことをおすすめします。
安さで塗料を選んだ場合、耐久年数が短いために、またすぐに塗り替える必要があり、かえって高い塗料を選ぶよりも費用がかかるケースもあるからです。
その点も含めて、塗料を選ぶようにしましょう。

□まとめ
今回は、屋根の塗り替えの際にかかる費用の相場について、ご紹介しました。
住宅の見た目に大きく左右する塗料、選ぶ際に失敗したくないですよね。
今回の記事を参考に、自身にぴったり合うものを見つけてくださいね。
また三洋リフォームでは、30年以上「手塗り」での実績があります。
お客様にご満足していただけなければ、全額返金保証も行っています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP