Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

11.【下関市で外壁塗装を!】塗装の塗り替えを行うべきタイミングとは?


「外壁の汚れが目立ってきたなぁ。しかし、どのタイミングで塗り替えを行なっていいか分からない。」
このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?
外壁は一番人の目につく部分なので、できるだけ綺麗な状態にしたいですよね。
しかし、どのタイミングで外壁を塗り替えるべきか分からない方は多いと思います。
そこで、そんな外壁塗装の塗り替えを検討中の方に向けて、いつ外壁を塗り替えるべきなのかを簡単に説明します。


□外壁塗装を修理する必要性

外壁塗装が剥がれていくと、様々な問題が発生してしまいます。
そこで、まず初めに、外壁塗装を塗り替える必要性について説明いたします。


□外壁塗装の目安

一般的に、日本の住宅は約30年で寿命が来ると言われており、これはアメリカの住宅の3分の1の長さです。
これは日本の高温多湿の気候が原因であり、風通しが悪いと住宅の木材が傷んでしまうためです。
そのため、少しでも家の寿命を長くするため、こまめに点検することが重要です。

□築10年目が目安!?

日本の約80%の住宅の外壁には窯業サインディングが使われています。
この外壁は防水性が低く、防水加工を行なっても、約5~7年で性能が切れてしまいます。
また、この他の外壁の防水機能もほとんど同じ年数で切れてしまうため、家を建ててから10年後が一つの目安と言われています。
ここからは、外壁塗装を塗り替えるメリットを紹介していきます。

*家の外観を綺麗にする

家の外壁は、太陽光や雨に晒されているので、長年使っていると、劣化や汚れが目立ってしまいます。
外壁塗装を塗り替えることで、家を新築のように綺麗にできることがメリットの一つと言えるでしょう。

*外壁を保護する

外壁塗装を塗ることで、外壁を保護することが可能になります。
これによって家の耐久性を高めることができるので、家を長く使うことができます。


□外壁塗装を塗り替えるべき劣化のサインとは!?

ここでは、簡単に外壁塗装の修理を行うべきタイミングを劣化状態を含めて紹介いたします。

*色褪せ

外壁が色褪せ始めた時、それは外壁塗装が劣化し始めたサインです。
この時点では症状は軽いですが、これからの経過に注意する必要があります。

*チョーキング

外壁を触ったとき、手に白い粉がついた場合、チョーキング現象が始まっています。
太陽光や雨風により外壁が劣化して起こる症状です。
チョーキングを放置しておくと、ひび割れやカビの発生につながりますので、早めの点検をおすすめします。

*塗装のひび割れ

外壁塗装が劣化していくと、表面にひび割れが見られます。
ひび割れを放置すると、雨が進入し、カビの発生や住宅の腐食につながるため、すぐに業者に修理を依頼するようにしましょう。


□まとめ

今回は、外壁塗装を塗り替えるべきタイミングを紹介いたしました。
家の外壁に劣化の症状が見られた場合、すぐに信頼できる業者にメンテナンスを依頼することをおすすめします。
また、三洋リフォームは30年以上手塗りで塗装を行なってきた実績がございます。
お客様に満足していただけなければ、全額返金も行っておりますので、もし興味がございましたら、お気軽に当社にお問い合わせください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP