Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

24.【下関市に住む方へ!】雨漏りには屋根塗装?雨漏りの原因と対策塗装を考える!】


「最近雨漏りがするのだけどどうしたらいいのかわからない…」
「雨漏りの原因が知りたい」
なんて雨漏りに悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
長く暮らしていく住居が雨漏りしていたら快適に過ごせませんよね。
放置せず早急に処置する必要があります。
そこで今回は雨漏りの原因と解決策について説明します。

□雨漏りの原因

*1番は建物の老朽化
屋根材や外壁材の劣化によって塗料の防水機能が低下します。
その結果劣化した部分から雨水が侵入し、雨漏りを起こしている場合があります。
一般的なストレート屋根の耐久年数は約10年であり、劣化が進む前に屋根塗装による補修が必要です。

*自然災害によるダメージ
台風や雨風によって屋根が破損し、破損した箇所から雨水が浸入します。
また、軒天の隙間や外壁のひび割れから浸水することもあります。
近年は地球温暖化により大雨が続く日が増えています。
これからは建物の防水対策がよりいっそう必要となるでしょう。

*雨樋の詰まりや破損
雨樋とは屋根を流れる雨水を集め、地面または下水に流す装置です。
これが落ち葉やゴミなどで詰まってしまうと、雨水がうまく流されず、雨漏りの原因となります。
雨樋が破損してしまった場合も同様です。

*施工不良
家を建てたときの施工不良により雨漏りが生じる場合があります。
例えば本来雨漏りが生じることのない箇所から浸水している場合は施工不良が疑われます。
作りが甘い、防水対策が雑、などの手抜き工事が雨漏りを引き起こします。
築年数がまだそんなに経ってない場合や住宅保証期間内の場合は、早めに施工業者に連絡しましょう。

□屋根塗装をしてから雨漏りが生じてしまった!
「屋根の塗装をしたのに雨漏りがする…」
なんてトラブルもあるようです。
これはストレート屋根で縁切りと呼ばれる作業がしっかりと行われていないことが原因であることが多いです。
ストレート屋根に一般的な3回塗装を行うと、屋根材と屋根材の間に塗料が入り、接着した状態になります。
ストレート屋根は入ってきた雨水を隙間から逃す構造となっています。
よって塗料によって隙間がふさがっている状態だと、雨水の逃げ場がなく、雨漏りを起こす場合があります。
これを防ぐための作業が縁切り作業です。
この作業が甘いとせっかく屋根塗装をしたのに雨漏りが生じてしまうという状態に陥ってしまいます。

□まとめ
雨漏りの原因について説明しました。
信頼できる優良業者に屋根塗装を依頼することで雨漏りは防げるでしょう。
雨漏りになる前に、早めのメンテナンスを行うことが大切です。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP