Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

41.【外壁塗装をDIYでしたい方向け】木材の塗装方法や手順は?


「家の外壁をDIYで塗装したいけど、塗料について知識がない上に、塗装の手順も分からない。こんな私達でも分かりやすいように解説してほしい!」
こういったお悩みを抱えていらっしゃいませんか?
基本的な塗装手順や方法を理解できれば、木材のペイントはとても簡単です。
しかし、木部はとても傷みやすいです。
つまり、しっかりとした知識がないと、せっかく塗装しても長持ちさせられず、すぐ傷んでしまう可能性があるということです。
そこで今回は、木材の塗装方法や手順、さらには塗料について解説します。


□DIYで外壁塗装するときの木材の塗装の手順
塗装の手順には全部で6つのステップがあります。
順に以下で解説します。

*木材の表面磨き
木材の表面に汚れがついたままだと、ペイントしても木材の表面が美しくなりません。
そのため、ペイント前に木材の表面を、研磨剤などを使って磨きましょう。
表面が平らで滑らかなほど、ペイントした後が美しく仕上がります。

*作業場所の確保
塗料を扱いますので、周りに飛び散る可能性があります。
一度ついた塗料を落とすのはとても大変ですので、あらかじめ対策しておきましょう。
移動させるのが難しいものがあれば、汚れても大丈夫な布などをかけておきましょう。

*必要な用具の準備
ハケや塗料入れ、汚れふきやマスキングテープ、ビニール手袋や軍手などを用意しましょう。
ハケは使う前に毛先を整えておけば、キレイに塗れます。

*塗料の準備
塗料を塗料入れに移します。
このとき、入れすぎに注意しましょう。
また塗料は時間が経つと成分が分離するため、よくかき混ぜてから使いましょう。

*塗装
いよいよ塗装です。
ハケを木目に沿って使い塗料を塗ると、よりキレイに仕上がります。
また薄く延ばして全体を均一な色にすると完成品の美しさの度合いは高まります。

*もう一度塗装
塗装後、色が均一になっていないように感じる場合、乾燥後に納得がいくまで塗装を繰り返しましょう。

大まかな手順は上記の通りです。


□木材の塗料
塗料には水性と油性があります。
まず結論ですが、DIYで木材を塗装する際は、水性塗料の方がおすすめです。
油性塗料はみなさんが一度は耳にしたことがあるであろう「シンナー」が含まれており、これはヒトにとって有害物質です。
そのため、油性塗料を使うためには「有機溶剤作業主任者」の資格を持った人と一緒に作業するという条件が厚生労働省により定められています。
こういった危険性や条件がないので、DIYで外壁塗装を行う場合は水性塗料がおすすめです。


□まとめ
今回は、木材の塗装方法や手順についてだけでなく、塗料について解説しました。
塗料や塗装方法についての知識は深められたでしょうか?
ぜひこの記事をDIYで外壁塗装をする際の参考にしてみてください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP