Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

50.下関の専門業者が徹底解説!外壁リフォームの健康被害について


外壁リフォームには、何か有害物質が使われているのでしょうか。下関で外壁リフォームする場合の健康被害について考えてみましょう。

□外壁リフォームの健康被害

現在使われている外壁塗装用の塗料には、確かに人体に有害な物質が含まれています。外壁塗装に限らず、塗料にはある程度の有害物質が含まれているのは間違いありません。そのため、室内で塗装する場合はある程度の対策も必要ですが、外壁塗装の場合はそのような心配はほとんどありません。

外壁塗装は外で行うため、有害物質はすぐ拡散するからです。もし外壁塗装で基準値以上の有害物質が出るのであれば、作業員は酸素マスクの着用が義務付けられるはずです。しかし、作業員が酸素マスクを着用している姿など見たことがありませんから、そのような危険はないことがわかります。

一番塗装現場に近い距離にいる作業員に安全対策が必要ないのですから、それより離れた場所にいる人には何の問題もありません。室内塗装とちがって、外壁塗装では塗料の成分がこもることがないので、ほとんど気にする必要はないのです。もし外壁塗装で有害物質による被害が懸念されるのであれば、塗装現場付近は立入禁止にしなければなりません。

塗料に有害物質が含まれているのは間違いありませんが、あまり過剰な反応をしないようにしたいものです。ただし、塗料に有害物質が含まれるため、作業者に対しては「特殊健康診断」「作業環境測定」「蒸気の発散源対策」「作業主任者の選任」などが義務付けられています。

しかし、これは有害物質がこもりやすい室内塗装を想定したものですから、有害物質がすぐに拡散する外壁塗装では特に問題はありません。作業員は毎日塗料を使うのでこのような対策も必要ですが、家の住人は外壁塗装をする数日間だけの問題ですから、気にしすぎることのないようにしましょう。

□外壁リフォームの有害物質

繰り返しになりますが、室内塗装と違って外壁塗装の場合は、塗料の有害物質による問題はほとんどないと言っていいでしょう。しかし、まったくないわけではないので、小さな子供や高齢者、妊産婦がいる場合にどうしても気になるようなら、外壁塗装で塗料を使うのは4日間程度ですから、この間だけホテルや実家に避難するなどの対策を取ることをおすすめします。

□まとめ

外壁塗装に使う塗料には有害物質が含まれています。しかし、外壁塗装では室内塗装と違って有害物質がこもることはないので、ほとんど心配する必要はありません。それでも、家に小さな子供や高齢者、妊産婦がいて気になるようでしたら、塗料を塗っている間だけホテルや実家に泊まるといいでしょう。



ただし、雨戸はある程度年数がたつと劣化して交換が必要になるため、必ずしも塗装で対応できるとは限りません。そのため、塗装すべきか取り換えすべきかの見極めも必要です。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP