Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

62.下関の外壁リフォームの専門家が使用する木材の注意点について解説します!


「リフォームする際に木材を使用したい」
「リフォームする際に使用する木材の注意点について知りたい」
このように、リフォームに使用する木材について知りたいと思っている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、使用する木材の注意点について詳しく知っている方は少ないと思います。
そこで今回は、下関の外壁リフォームの専門家が使用する木材の注意点について解説します。


□下関の外壁リフォームの専門家が解説!木材の注意点とは

家の外壁は、セメントを主成分としたモルタルやサイディングボードが主流です。
しかし、温もりがあって意匠性が高い住宅の場合は、天然木が合います。
以下では、木材を使う際の注意点を解説します。

*塗装効果が薄い

木材を何も塗装せずに放置してしまうのは良くありません。
なぜなら、紫外線や雨、風、空気中のゴミで徐々に汚れて劣化してしまうからです。
そのため、木造住宅で外壁に木材を使ってしまうと、すぐに腐ってしまいます。
定期的に、木材に保護塗料を塗って防腐対策を行ったり、塗り替えたりして耐候性をつけておきましょう。
その結果、木材を長持ちさせることにつながります。

*天然素材の悩み

独特の風合いを持つ天然木は、人にあたたかさを伝達する素材です。
そのため、住宅の全体もしくは一部に無垢材の木材を取り入れたい方が増えています。
しかし、鉄や金属、コンクリート、セメントといった人間の手で生み出される素材とは違います。
生きていた天然の木を加工して使う材料です。
それゆえ、デメリットが多くあります。
その点を理解していなければ、メンテナンスにお金が非常にかかってしまいます。
また、数年で劣化してしまい、外見がみすぼらしくなってしまいます。

*太陽の当たり方

木は、コンクリートやモルタルに比べると、紫外線に敏感な物質を多く含んでいます。
そのため、太陽光の影響を非常に受けやすいです。
太陽光には、紫外線、つまり電磁波が含まれています。
この電磁波によって、木の中にある物質が変異させて、変色といった劣化現象を引き起こします。
また、太陽光によって分解された木の繊維は、雨によって流されて劣化が進行してしまいます。
このような劣化現象を防ぐために、表面を塗料で保護しておく必要があります。


□まとめ

今回は、下関の外壁リフォームの専門家が使用する木材の注意点について解説しました。
この記事を参考にして、木材を正しく使用しましょう。
当社では、外壁リフォームに関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿って最適なリフォームプランをご提案し、全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。
?


□まとめ

今回は、下関の外壁リフォームの専門家が、黄砂が身体に与える悪影響について解説しました。
この記事を参考にして、黄砂が身体に悪影響を与えないように対策を立ててください。
当社では、外壁リフォームに関するご相談を随時受け付けています。
専門家が外壁塗装に関して全面的にバックアップして、お客様のお悩みを真摯にお伺いします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP