Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

64.下関の外壁リフォームの専門家が外壁塗装を長持ちさせる方法について解説します!


「外壁塗装を一度行ったらできるだけ長持ちさせたい」
「長持ちさせる方法について知りたい」
このように、外壁塗装をできるだけ長持ちさせたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、外壁塗装を長持ちさせる方法について詳しく知っている方は少ないですよね。
そこで今回は、下関の外壁リフォームの専門家が外壁塗装をできるだけ長持ちさせる方法について解説します。


□下関の外壁リフォームの専門家が解説!外壁塗装を長持ちさせる方法とは?

*塗装の回数を増やす

塗膜をできるだけ長持ちさせるには、塗装の回数を増やしましょう。
最低でも3回は塗布を行うと、長持ちする可能性が高まります。
もっと長持ちさせたい場合は、業者に相談をして回数を増やしましょう。

*耐久性が高い塗料

塗膜の耐久年数は、塗料によって異なります。
もし長持ちさせたい場合は、耐久性の高い塗料を使用しましょう。
最低でも、シリコン塗料以上の塗料を使用するのが良いです。
最も耐久性が高い塗料は、フッ素系塗料です。
耐久年数は、約20年と非常に長いです。
つまり、一度フッ素系塗料を使用すると、20年間はメンテナンスの必要がありません。
しかし、フッ素系塗料は高価ですので、まとまった初期費用が必要です。

*立地条件にあった塗料

塗膜は外的要因で劣化してしまいます。
特に、日が当たりやすい部分の劣化が激しいです。
そのため、日が当たりやすい部分は耐久性の高い塗料を使用しましょう。
このように、立地条件に合わせて塗料を変更する必要があります。

*塗膜を汚さない塗料

親水性がある塗料を使用すると、外壁を汚すことなく塗膜を長持ちさせられます。
この塗料は、塗膜と汚れの間に水が入って塗膜の汚れが付かずに雨で流せます。

*定期的な塗膜の清掃

外壁に汚れやカビが付着していると、塗膜の劣化につながります。
そのため、定期的に外壁の清掃を行いましょう。
本格的にきれいにしたい場合は、業者に依頼して高圧洗浄を行ってもらいましょう。
水圧が低い洗浄を行えば、塗膜を傷つけることなく洗浄が可能です。


□まとめ

今回は、下関の外壁リフォームの専門家が外壁塗装をできるだけ長持ちさせる方法について解説しました。
この記事を参考にして、外壁塗装を長持ちさせる方法を考えてみましょう。
当社では、外壁リフォームに関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のご要望に沿って、最適なプランを立案いたします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP