Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

67.下関で外壁リフォームをお考えの方へ!色選びの失敗例を紹介!


「外壁リフォームにおいて、色選びに失敗したくない。」
「色はどのように選んだら良いのだろう?」
みなさん、このようなことをお考えではありませんか?
外壁リフォームをする際に、色選びには失敗したくないですよね。
この記事では、下関で外壁リフォームをお考えの方に向けて、色選びの失敗例と色選びの方法について詳しく紹介します。


□下関の方へ!外壁リフォームおいてよくある色選びの失敗例とは?

*イメージしていた色ではない

イメージしていた色ではないという失敗は最も多いです。
色見本やカタログを参考にしたのに、外壁リフォームが終わった後に見てみたら、違う色に見えることがあります。

*汚れやすい色を選んでしまった

次に多いのは、汚れやすい色を選んでしまうことです。
外壁は外の環境にさらされています。
汚れが目立ちやすい色を選んでしまうと、せっかくリフォームしても長持ちしない可能性があります。


□色選びのコツ

*色を選ぶ順番

家の外観は、外壁だけではありません。
破風板や屋根など他にも様々な部位があります。
色選びでは、まず外壁の色を決めて、次に屋根の色を決めましょう。
そうすると、家全体のイメージの方向性を決められます。

*配色を考える

配色を考えることで、色のバランスで失敗することを防げます。
寒色系や暖色系のような色味が似ている色を使いましょう。
色は3色以内に抑えるようにしましょう。


□色選びの注意点

*周囲の環境に合わせる

色選びでは、家の周囲の環境を観察すると良いです。
周囲の環境に合わせて選んで、景観を損なわないようにしましょう。
落ち着いた色選ぶと悪目立ちしにくいです。

*サンプルは大きめのものを取り寄せる

サンプルでは、面積効果に注意しましょう。
面積効果では、色合いが強調される、想像より薄く見える、色鮮やかに見えるという特徴があります。
サンプルは大きめのものを取り寄せることによって、想像していた色と違ったという失敗をできる限り防げます。
また、サンプルより少し濃いめの色を選ぶと仕上がった際に想像通りになる可能性が高いです。


□まとめ

この記事では、下関で外壁リフォームをお考えの方に向けて、色選びの失敗例と色選びの方法について詳しく紹介しました。
外壁の色は長年変えることができないので、色選びを慎重に行いましょう。
当社では、外壁塗装についてのご相談を随時受け付けています。
外壁塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP