Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

68.下関で外壁リフォームをお考えの方へ!塗装を長持ちさせる方法とは?


「外壁リフォームを一度行ったら、長持ちさせたい。」
「外壁リフォームを長持ちさせる方法はあるのだろうか?」
みなさん、このようなことをお考えではありませんか?
外壁リフォームを何度もするのは大変なので、長持ちさせたいですよね。
この記事では、下関で外壁リフォームをお考えの方に向けて、塗装を長持ちさせる方法についてご紹介します。


□外壁リフォームをする理由とは?

住宅に使われている塗料の防水性能は、大半が5~7年で切れてしまいます。
他の塗料のことも考えて、目安として塗装は築10年と言われています。
塗装をする理由としては、建物のきれいさを保つ、外壁を保護することなどが挙げられます。
家を守るためにも、外壁リフォームは必要です。


□塗装を長持ちさせる方法

*塗り回数を増やす

外壁を長持ちさせるためには、塗膜を強くする必要があります。
塗膜は、塗り回数を増やすことで強められます。
一般的に塗り回数は2〜3回行います。
長持ちさせるためには、最低でも3回は塗るようにしましょう。
多いケースでは、6回塗ることもあるようです。

*耐久性の高い塗料を使用する

塗料によって、耐用年数は異なります。
最も耐用年数が長い塗料は、フッ素塗料です。
フッ素塗料の耐用年数は、約20年と言われています。
フッ素塗料は、高額ですが一度塗料したら、約20年は外壁塗装を行わなくてすみます。

*外壁を定期的に掃除する

壁は常に外気にさらされています。
そのため、年数が経つにつれて自然と汚れてしまいます。
この汚れを放置し続けると、コケやカビが繁殖してしまいます。
外壁が劣化してしまうので、定期的に外壁を掃除するようにしましょう。


□下関で信頼できる業者に依頼する

仮に、耐用年数の長いフッ素塗料を使用したとしても、依頼した業者が手抜きして施工すると、塗装が長持ちしない可能性があります。
そのため、手抜き工事や施工ミスがないような信頼できる業者に依頼する必要があります。
施工工程を必ず実施してくれる業者や、アフターサービスが充実している業者を選ぶようにしましょう。


□まとめ

この記事では、下関で外壁リフォームをお考えの方に向けて、塗装を長持ちさせる方法についてご紹介しました。
外壁を長持ちするためには、塗り回数を増やす、耐用年数の長い塗料を選ぶ、外壁を定期的に掃除することを意識しましょう。
また、信頼できる業者に依頼することで安心して外壁塗装を行えます。
当社では、外壁塗装についてのご相談を随時受け付けています。
外壁塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP