Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

73.山口の専門業者が解説!外壁リフォームの際の吹き付け工法とは


「吹き付け工法のメリットとデメリットや、お手入れ方法について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、吹き付け工法のメリットとデメリット、また吹き付け塗装のお手入れ方法について詳しく説明します。
外壁リフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


□そもそも吹き付け工法ってなに?

吹き付け工法は、エアスプレーガンという道具を用いて塗料を塗装面に噴射する塗装方法です。
吹き付け工法で塗装された外壁には独特の重厚感があり、おしゃれな仕上がりになります。
外壁塗装の方法として主に使用されているのは、この吹き付け工法とローラーを使用した手塗りの塗装の2種類です。

吹き付け工法は、手塗りでの塗装よりも工事にかかる時間が短いとされています。
また、少ない人数で作業を行えるので、費用を抑えるためには吹き付け工法を選択するのが良いでしょう。
一方、デメリットもいくつかあります。
エアスプレーガンを使用することで、霧状になった塗料が周辺に飛散しやすくなります。
そのため、場合によっては近隣住宅まで塗料が飛散してしまうことがあるかもしれません。

このようなトラブルを防ぐためには、事前にしっかりと養生しておく必要があります。
また、エアスプレーガンを使用すると、非常に大きな騒音が発生する恐れがあります。
リフォームに取り掛かる前に、近隣の住民にきちんと説明しておくのが良いでしょう。


□吹き付け塗装の簡単なお手入れ方法

*ホースで水をかける

吹き付け工法で塗装を行うと、塗装面に凹凸ができてしまうことがあります。
ここに汚れなどが溜まってしまうと、きれいな外壁が台なしになってしまいますよね。
しかし、このような汚れは初心者でも簡単にお手入れができます。
もっとも手軽な方法は、ホースを使用したお手入れです。
二階部分から水を流し、掃除すると外壁全体の汚れを簡単にとれます。

*スポンジやブラシを使用する

ホースで水をかけても落ちない汚れの場合は、もう少し丁寧に磨かなければいけません。
その際は、スポンジやブラシを使用しましょう。
外壁を傷つけないように適度な力加減で磨くと、汚れがきれいに落ちるでしょう。

*家庭用の高圧洗浄機を使用する

ここまでのお手入れをしてもとれないしつこい汚れの場合や、吹き付け塗装によって発生した細かいくぼみに付着した汚れには、家庭用の高圧洗浄機を使用するのが良いでしょう。
これらのお手入れ法は、初心者の方でも簡単にできるものです。
このような方法で、汚れた箇所を手入れしてきれいな外壁を取り戻してみてはいかがでしょうか。


□まとめ

今回は吹き付け工法のメリットとデメリット、そしてお手入れ方法について詳しく説明しました。
メリットとデメリットを考慮したうえで、吹き付け工法か手塗りの塗装のどちらが良いのか選択しましょう。
山口で外壁リフォームをご検討中の方、ご不明な点がある方はお気軽に当社までご連絡ください。 

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP