Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

82.外壁塗装と屋根塗装を同時に行うべき理由とは?山口の業者が解説します


外壁塗装と屋根塗装は別の日にしようと考えている方は多いかもしれません。
実はその方法は損をしていて、外壁と屋根は同時に施工する方がお得なのです。
今回は山口の専門業者が外壁塗装と同時に施工するメリットと屋根塗装のサインについて解説します。
外壁塗装を検討中の方は今回の説明を参考にしてみてください。


□外壁塗装と同時に行うメリットとは?

外壁塗装をするときは、屋根塗装と同時に行うのが一般的です。
これらの工事を同時にすることで、費用を抑えられるからです。
外壁塗装や屋根塗装では塗装のために足場を組む必要があります。
この足場は塗装を依頼するたびに料金が発生するため、外壁と屋根を別日で施工した場合、2倍の足場代を支払わなければなりません。
そのため、これらの塗装は同時にする方が、お得と言えるでしょう。


□屋根塗装をする前に確認するべきことは何か

屋根塗装をする際、業者の方に屋根の状態を確認してもらいますが、その前に屋根の状態を知っておくと確認作業がスムーズに進みます。
屋根の状態が分かるサインは4つ存在します。

1つ目は屋根の色あせやチョーキングです。
これらのサインは屋根の劣化が始まったとき、最初に分かるサインです。
チョーキングとは、紫外線によって、塗料に含まれる顔料が分離し、表面に出てしまう現象のことです。
屋根が色あせていたり、白い部分があったりする場合は劣化が始まったと考えましょう。

2つ目はコケやカビです。
色あせやチョーキングが進むことで、コケやカビの繁殖を防止する効果が失われます。
これは屋根の見た目にもはっきりと現れるため、見つけた時点で業者に塗装工事を依頼しましょう。

3つ目はひび割れなどの屋根の破損です。
ひび割れを放置することは、雨漏りの原因につながります。
また、破損が進むと、塗装以外の処置も必要になるため、発見したら早めに業者の方に連絡しましょう。

4つ目は塗装の剥がれです。
塗装が剥がれている状態は塗膜が定着しておらず、塗装の効果が全くありません。
そのため、雨水が浸入し、建材の劣化にもつながります。
塗装が剥がれているのを確認したら、手遅れになる前にすぐに業者に連絡をしてください。


□まとめ

今回は、塗装を同時に行うメリットと屋根塗装が必要なときのサインについて解説しました。
同時に施工すると費用を抑えることに加えて、外観も一新できるため、見た目もよくなります。
屋根と外壁の塗装を別日でしようと考えていた方はこの記事を参考に、予算を組み直してはいかかでしょうか。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP