Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

84.山口で外壁塗装をお考えの方へ!施工中の植木の移動や養生についてご紹介!


外壁塗装の際、庭の植木を移動させる必要があるのか心配な方がおられるのではないでしょうか。
外壁塗装にあたって、足場を設置するときに植木を移動させることがほとんどです。
そこで、今回は山口の専門業者が外壁塗装時に植木を移動する理由と施工中の植木の保護方法について紹介します。


□植木を移動させる理由とは?

外壁塗装で植木を移動しなければならないのは、足場の設置をするときです。
足場を設置するとき、植木の位置によっては設置の邪魔になり、作業の遅延につながります。
この場合、移動できる植木は邪魔にならない場所に移動しなくてはなりません。
移動できない場合は、邪魔にならない程度に、枝を伐採して空間を確保します。

また、使用する足場によって、移動させるかどうか決まります。
よく使用されるくさび式の足場は外壁と1メートル離れた場所に設置するため、外壁から1メートル以内に植木がある場合は、それを移動させなければなりません。
植木が1つや2つだけなら、あらかじめ個人で移動させておくこともできるでしょう。
しかし、ひな壇の上にたくさん植木がある場合はどうすればいいでしょうか。
この場合は、あらかじめ業者の方にその旨を伝えておけば、快く移動を手伝ってくれます。
あらかじめ、個人ですべてやる必要性はありません。


□植木を保護する手段として何があるのか。

作業の邪魔にならない植木でも、塗り替え時に塗料がかかるかもしれないと心配になるでしょう。
塗料が植物にかかると、最悪の場合、植木が枯れてしまうこともあります。
このとき対策として、養生という手段で植木を保護できます。
養生とは、作業周辺の物体を傷や汚れから守るために、ビニールシートなどで保護する作業のことです。
外壁塗装では、植木など汚したくないものに養生することで、作業周辺の物体を水や塗料から守ります。

しかし、あらかじめ養生で保護していても、塗装中は何が起こるかわかりません。
もし養生しても心配なら、植木を屋内に移動させておくのが最も安全な方法でしょう。
外壁塗装は2週間程度で終了するため、この期間なら屋内においても問題はありません。
日光が必要な植物があるなら、ベランダや日当たりの良い部屋においておくのもいいでしょう。


□まとめ

今回は、植木を移動させる理由と施工中の植木の保護方法について紹介しました。
植木は足場設置で邪魔になる場合や、どうしても汚したくない場合に、屋内に移動させておくのが良いでしょう。
外壁塗装で植木の扱いに困ったときは、この記事を参考に対策してみてはいかがでしょうか。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP