Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

90.外壁塗装を考えている山口の方へ!おすすめの季節をご紹介します!


「外壁塗装をするのにふさわしい季節はいつなのだろう?」
外壁塗装をする際には、どの季節にするのかが悩ましいかもしれません。
適切な時期を見極めて、いつ依頼するかを決めたいですよね。
今回は、外壁塗装に適した季節を山口の業者がご紹介します。


□外壁塗装に合う季節は?

一般的に、外壁塗装に合う季節は、春または秋と言われています。
これは、気温および湿度による規定が存在するためです。
具体的に、気温が5度以下または湿度が85%以上では、塗装の作業ができないと定められています。
たとえば、降雨時は湿度が85%を超えて規定に該当してしまうので、作業ができません。
この条件が定められているのは、湿気や低温による影響を考慮しているからです。
雨が降ると、塗料が薄まり、塗膜の精度や付着力の低下が生じます。
また、温度が低いと、塗料が凍結して本来の機能を発揮できません。
結果的に起こる不具合を防ぐために、こういった条件が設けられているのです。
そのため、温度が適切で作業がしやすく、降水の少ない春や秋がよく選ばれています。
ただし、この時期は塗装業者が混みあっているので、業者に依頼するのは大変かもしれません。
予約を取る際には、前もって頼んでおくのがおすすめです。


□夏と冬はどうなのか?

適切な季節が春および秋だとすると、夏と冬の季節も気になるかもしれません。
夏に行うメリットは、高温が続くために塗料の乾燥を早く済ませられる点です。
日が長いので、太陽光で乾燥させる時間が長いのも良いですよね。
また、結露の心配も少なく、塗料の伸びも良いため、作業を早く進められるでしょう。
一方で、鉄製の足場が日差しでかなり熱くなると考えられるので、体力や作業のしやすさには悪影響を及ぼしそうです。
また、作業中は窓を開けられない点も考慮しておきましょう。
空調設備が充実していない家庭の場合は、室内が高温になってしまう可能性があるので、つらいかもしれません。
気温が下がる冬は、空気が乾燥していますが、十分な温度が確保できない可能性があります。
太陽光での乾燥もあまり期待できないため、霜や雪の降りやすい地域は、塗装に向いていない季節でしょう。
逆に、比較的温暖な地域は、業者も余裕が出ているので穴場の季節だと考えられます。
結露や凍結に気を配って作業を進めるのが大切です。


□まとめ

今回は、外壁塗装に適した季節をご紹介しました。
基本的に、外壁塗装に適しているのは春や秋と言われています。
夏や冬にも行えますが、その際のメリットとデメリットについて押さえておくことが大切です。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP