Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

92.山口にお住まいの方必見!外壁塗装の耐用年数をご紹介します!


「外壁塗装における耐用年数について知りたい。」
外壁塗装の塗料を選ぶ際には、耐用年数のことが気になるかもしれません。
それに関連して、塗料を長持ちさせるポイントも知っておきたいですよね。
今回は、塗料の耐用年数と長持ちさせる方法をご紹介します。


□外壁塗装で知っておきたい塗料の耐用年数について

外壁塗装の塗り替えをいつ行うのが良いかは、耐用年数によって違うと言われています。
耐用年数とは、塗料が本来の機能を発揮できる期間を表したものです。
種類によって違いがありますので、しっかりと把握しておきましょう。
比較的安い塗料の代表として、アクリル塗料やウレタン塗料が挙げられます。
これらの塗料は、安価である分、耐久性が低い傾向が見られます。
耐用年数は4~6年ほど、もしくは7~10年ほどであると見込んでおきましょう。
こまめに塗り替えをする際は、これらの塗料を選ぶのがおすすめです。
人気の塗料として挙げられるのが、シリコン塗料とラジカル塗料で、耐用年数は8~15年ほど、もしくは13~16年ほどです。
長持ちが期待できる塗料には、フッ素塗料や無機塗料があります。
15~20年ほどは持つと考えておきましょう。


□塗装を長持ちさせるための方法は?

上記でご紹介した耐用年数はあくまでも目安です。
そのため、これより長くても問題がない場合もあれば、短いことも考えられます。
費用のことや塗り替えの目安を考えると、なるべく長持ちさせたいですよね。
そこで、ご自身でもできるおすすめの方法をご紹介します。
まずは、外壁の周囲のケアです。
外壁塗装にとって湿気は敵であり、湿度の高い環境が続くと水分も付着しやすいでしょう。
そのため、なるべく周囲が湿っていないように工夫します。
よく挙げられるのが、植え込みを刈り込むことや、周囲にものを置かないようにして風通しを良くすることです。
特に、太陽が当たらない北側の壁は湿りやすいので注意しましょう。
次に、カビや藻類の除去です。
風に乗って、カビや植物の種が運ばれてくることがあります。
これらをそのままにしておくと、徐々に根を張って伸びてくる可能性があります。
つまり、カビや藻類を放置していると、外壁塗装の早期の劣化を促すことに繋がってしまうのです。
そのため、これらを見つけたらホースで水をかける、あるいはスポンジでこすって落とすようにしましょう。


□まとめ

今回は、塗料の耐用年数と長持ちさせる方法を、山口の外壁塗装業者がご紹介しました。
耐用年数は、塗料の種類によって大きく変わります。
湿気をなるべく除去し、カビや藻類を落とすことを心がけて、外壁塗装を長持ちさせましょう。  

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP