Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

94.外壁塗装に助成金が出ることを知っていますか?山口の業者がご紹介します!


「外壁塗装では助成金は使えるのだろうか?」
外壁塗装をする際には、助成金のことが気になるかもしれません。
受け取れそうなものや申請の流れを理解して、使えるものは利用したいですよね。
今回は、外壁塗装で使える助成金の種類と必要なものについて、山口の業者がご紹介します。


□条件を満たせば受け取れる助成金について

結論から申し上げますと、外壁塗装でも助成金は受けられます。
自治体によって異なりますが、リフォームの工事に関しては助成金を設けているところが多いです。
外壁塗装は10年ほどに1回行うものとはいえ、出費があるのでなるべく助成金を受け取りたいですよね。
返済が不要なものとしては、補助金と助成金が挙げられます。
国や自治体に申請することで受け取れるものですが、両者には若干の違いがあります。
助成金は、特定の塗料を使うといった条件を満たしていれば誰でも受け取れます。
一方で、補助金には需給のための審査があるのです。
支給額自体は高いですが、合格の関門を突破するのは大変でしょう。


□助成金を申請する流れについて

助成金を受けるには、自治体に必要な書類を提出することが求められています。
たとえば、付近の見取り図・平面図・立面図です。
これらは、どのような工事をしているのかを見極めるために使われます。
また、工事で使用する塗料の性能を証明するものや、施工面積の算出の根拠も必要です。
施工面積の算出の根拠は、数量表によって証明します。
正確な助成金を計算するためのものですから、しっかりと揃えておきましょう。
また、市税に未納があると助成金が受けられないため、未納がないことも証明する必要があります。
申請者が本人および同居の親族でない場合は委任状を、借家の場合は貸主の承諾書を揃えておきましょう。
上記の書類に必要事項を記入して準備します。
その上で、施工業者にも特定の欄に書き込んでもらいます。
郵送はできませんので、直接各自治体に提出しましょう。
その後、それぞれの自治体が申請者の確認を行います。
補助金の交付が決まれば、その旨が伝えられるでしょう。
工事は交付が決まってから3か月以内に完了させる必要があるため、早めに取りかかるのが大切です。
その後、施工前・施工後の写真を添えた実績報告書と、請求書を提出します。
数週間で指定の銀行口座に振り込まれて、一連の流れは完了です。


□まとめ

今回は、外壁塗装で使える助成金の種類と必要なものについてご紹介しました。
外壁塗装には、条件を満たせば誰でも受け取れる助成金があります。
申請の際には様々な書類が必要ですから、しっかりと揃えておきましょう。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP