Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

95.外壁塗装をしたい山口の方!おしゃれにするポイントをご紹介します!


「外壁塗装をするのであれば、おしゃれにしたいな。」
外壁塗装をする際には、おしゃれな外観にしたいかもしれません。
色の塗り分けや選ぶ際の注意点についてもしっかりと押さえておきたいですよね。
今回は、外壁塗装でおしゃれにするための色に関して、山口の業者がご紹介します。


□おしゃれにするための色の塗り分けについて

外壁塗装の塗り分け方には、以下の3つの方法が主に考えられます。
1つ目は、建物の上下や1階部分と2階部分を、塗り分けの境界線にする方法です。
これが一番多く用いられている方法で、水平方向に分けられているため、おしゃれに仕上がります。
1階部分をベースカラーでまとめ、2階部分をアソートカラーで仕上げましょう。
屋根をさらに別の色にすると、また違った印象になります。
2つ目は、ベランダやバルコニーのような、建物の出っ張りと引っ込みを利用する方法です。
特に、出っ張りが大きい物件であれば、おしゃれな雰囲気にするために使えます。
メインの色を建物に塗り、ベランダやバルコニーでサブの色を使いましょう。
3つ目は、窓や建物の角を利用して垂直方向に塗り分ける方法です。
共通部分を利用して塗り分けますが、なかなか難しいかもしれません。
建物はメインの色で、角の部分をサブの色で塗り分けます。
その後、屋根や玄関を第三の色で塗ると、洗練された仕上がりが期待できるでしょう。


□外壁塗装の色を選ぶ際の注意点

外壁塗装の色を選ぶ際には、見本を作成してもらって、そこから判断します。
その際には、面積効果を考慮に入れておくことが大切です。
面積効果とは、同じ色でも面積によって彩度や明度が変わることを指します。
面積が大きいことで、明るさや暗さがより強調されます。
実際に塗装をするときは、理想よりも落ち着いている色を選ぶと良いかもしれません。
また、室内と室外でも色の見え方は変わります。
なぜなら、太陽光と蛍光灯の下では見え方が違うからです。
そのため、サンプルは必ず晴れている日のものを見ましょう。
そして、外壁の色を決めるときには、サッシ・ドア・屋根との相性を考えるのも大切です。
特に、屋根は面積も大きいため、存在感があります。
デザインや質感が他の部分と合っているかも、しっかりと確かめておきましょう。


□まとめ

今回は、外壁塗装でおしゃれにするための色に関して、山口の業者がご紹介しました。
おしゃれにするためには、数種類の塗料で塗り分けるのがおすすめです。
また、色を選ぶ際には、面積効果が大きいことも考慮しておきましょう。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP