Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

99.山口で外壁塗装をお考えの方必見!火災保険が適用される条件とは?


外壁塗装に火災保険が適用できる場合があることをご存知でしょうか。
外壁塗装は、場合によってかなりの費用がかかってしまいます。
そのため、なんとか費用を抑えたいとお考えの方は多いです。
火災保険が適用できれば、費用を抑えられる可能性が高いでしょう。

□外壁塗装に火災保険が適用される条件

火災保険とはそもそもどのような保険なのでしょうか。
火災保険は、損害保険のひとつです。
損害保険とは、偶然生じた損害を保証するための保険です。
保険金の支払い方法は、損害額によって金額が変わる実損払方式が中心です。

火災保険では、火災やガス爆発などの事故以外に、自然災害による損害にも適用されます。
そのため、災害での損傷にも補償が適応される場合があります。
また、住宅の火災保険はいくつかの種類に分けられます。
種類によって適用条件は異なるため、確認しておきましょう。

住宅の火災保険には、住宅火災保険、住宅総合保険などがあります。
住宅火災保険は、基本的な住宅保険のタイプです。
このタイプの保険では、火災損傷と災害での損傷に保険が適用されます。
しかし、水害や水濡れ、土砂崩れなどの災害には適用されないことが多いため注意が必要でしょう。
一方、住宅総合保険にはどのような条件があるのでしょうか。
住宅総合保険では、上記の損傷の他にも、水害、事故、泥棒による破壊などにも対応しています。

□火災保険申請の流れ

火災保険は、実損払方式が一般的です。
そのため、どのくらいの損害が確認されるかで、保険の支払額が異なります。
簡単な流れとしては、まずは保険会社に保険を申請し、それを保険会社が承認すれば保険が下りるといったものです。
詳しく確認してみましょう。

火災保険の申請の流れは簡単です。
まずは業者に連絡して、破損箇所を見てもらいます。
工事の必要がある場合には、見積書を出してもらい、それを元に保険会社に連絡します。
そこから保険会社から指示があり、必要な書類を用意して保険会社に送ります。
ここで用意しなければいけない書類は3つで、自ら準備をしなければいけない保険金請求書と、業者が作成する修理の見積書と被害が証明できる写真です。
最後に鑑定人に自宅を調査してもらい、確定した保険金を受けとります。

□まとめ

火災保険は、火事以外にも適用できることを理解していただけましたでしょうか。
外壁塗装をしようとお考えの際には、火災保険が適用できるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。
今回は外壁塗装への火災保険の適用について、山口のリフォーム業者が紹介しました。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP