Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

100.山口県にお住まいの方へ!外壁塗装が妊婦に与える影響とは?


山口県で外壁塗装をしようと考えているけれど、外壁塗装が妊婦に悪影響を与えるという噂を聞いて不安だという方はいらっしゃいませんか。
妊婦の方や、その家族の方にとっては、妊婦の体はとても大切なものですよね。
外壁塗装が悪影響を与えるのならば、できるだけ避けたいです。
本当に悪影響があるのでしょうか。

□外壁塗装が妊婦に与える影響

外壁塗装が妊婦に悪影響を与えるという噂は、嘘ではないのかとお考えの方も多いと思います。
しかし、残念ながら少なからず影響はあります。
どのような影響があるのか確認しておきましょう。

外壁塗装が妊婦の方に与える影響には大きく分けて2つの種類があります。
どのようなものでしょうか。

まず1つ目の影響は、塗料の匂いによる悪影響です。
近年弱まってきてはいますが、外壁塗装に用いられる塗料からは、強い匂いがします。
この匂いは、妊婦の方に限った話ではなく、普通の方でも体調の不調を感じる場合があります。
どうして塗料で不調を訴えるのでしょうか。

外壁塗装で用いられる塗料には、シンナーが含まれている場合が多いです。
シンナーは人体に悪影響を与えることはみなさんご存知かと思います。
シンナーを使用した場合、目や肌などのかゆみや呼吸器系・消化器系の異常、場合によっては精神的な異常をきたすこともあります。

2つ目に、外壁塗装では、足場を組む際などに大きな音が出てしまいます。
この騒音が、妊婦の方にとってのストレスになる場合がります。
妊婦の方に強いストレスを与えてしまうと、胎児にも影響があるかもしれません。
できるだけ避けたいです。

□外壁塗装による悪影響を避ける方法

妊婦の方がいるけれど、どうしても外壁塗装の工事をしなければいけないという場合もあります。
その場合、悪影響を完全になくすことは困難ですが、軽減することは可能なので最善の手を尽くしましょう。

悪影響を軽減する方法はいくつかあります。
まずは、水性塗料の使用です。
油性塗料に比べて匂いが少ないため、上記で解説したような影響が軽減されるでしょう。
また、一定期間のみ思い切って実家や親せきの家で過ごすというのも手です。
現実的に難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、検討してみてはいかがでしょうか。
また、このように心配事や懸念点がある方は、一度業者に相談してみることで不安が軽減されるかもしれません。

□まとめ

外壁塗装は、妊婦の方に対して悪影響を及ぼしてしまう場合があること、それに対する対処法についてご紹介しました。
悪影響はできるだけ軽減したいですよね。
最善策を考えて工事に挑みましょう。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP