Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

104.山口で一軒家の外壁塗装をお考えの方へ!タイミングと手順をご紹介


山口県に一軒家をお持ちの方で、外壁塗装をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
外壁は常に外で雨風にさらされています。
そのため、年数を経ることでどうしても劣化してしまいます。
劣化した外壁は、塗装で補修するのがおすすめでしょう。
今回は、外壁塗装の適切なタイミングと適切な手順をお伝えします。

□外壁塗装に適切なタイミング

外壁は、経年で劣化してしまいます。
しかし、1ヶ月や2ヶ月などで劣化してしまうわけではありません。
では、外壁の耐用年数はどのくらいなのでしょうか。
外壁の耐用年数は、一般的に10年程度です。
もちろん耐用年数の長い外壁もありますが、20年が限界であると考えておきましょう。

外壁が劣化してきた場合には、見た目で判断ができます。
2つの判断基準があるため、確認しておきましょう。
まずは、チョーキング現象と呼ばれる状態です。
外壁を触った時に、塗料が指についてしまったという経験はありませんか?
このような状態になっている場合、塗り替えのタイミングです。
次に、クラックといった状態にも注意が必要です。
これは、外壁のヒビ割れのことです。
外壁にヒビが入ってしまっている場合には、塗装のタイミングです。
早めに対応しましょう。

□一軒家で外壁塗装を依頼する際の手順

一軒家において外壁塗装は、定期的に行うべきメンテナンスです。
しかし、初めて外壁塗装を依頼する場合、どのようにすればいいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、外壁塗装を依頼する際の手順について確認しておきます。

まずは、外壁塗装を依頼する業者を探し、業者が見つかれば、色や材料の相談をします。
相談内容がまとまり、納得したら契約を結びます。
契約を結んだら、施工を開始して塗装が行われます。
詳細は業者によって異なるので、まずは相談してみることがおすすめでしょう。

業者の探し方ですが、見積もりを出して選ぶ方法が一般的です。
この際に注意するべき点は、価格だけで業者を選ばないことです。
特に、あまりにも価格の安い業者には注意しましょう。
業者が決まれば、詳細な話し合いが行われます。
サンプルなどをみて色や材料を決める際には、必ず実物の見本を見せてもらうようにしましょう。
そうすれば、塗った後に失敗したと感じにくくなります。

□まとめ

外壁塗装には、適切なタイミングがあることをご紹介しました。
外壁を長年放置していると、劣化が激しくなってしまいます。
必ず、適切なタイミングでの塗装を心がけましょう。
また、初めての場合でも、事前に手順を確認しておくことで失敗の確率を減らせるでしょう。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP