Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

105.山口にお住みの方へ!外壁塗装の相場をご紹介!


外壁塗装を検討中の方で、相場が気になるという方は多いでしょう。
相場を考える際に大事になるのは、素材ごとの相場の違いや具体的な内訳を知ることです。
これらの知識を得ることで、塗装工事の失敗を事前に防ぐことにつながるでしょう。
そこで今回は、山口にお住まいの方に向けて外装塗装の相場を紹介します。


□塗料別の平均相場とは

この章では30坪当たりの平均相場を塗料別に紹介します。
外壁塗装を行う場合、塗料には主にアクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素・無機の6種類が存在します。
相場に関して、アクリルが約15万円と最も安く、ウレタンが約20万円、シリコンが約25万円、ラジカルが約35万円、フッ素が約40万円、そして無機が約50万円となっています。(メーカーによって違います)

塗料の素材の違いは具体的にどのような機能の違いを生むのでしょうか。
実は値段が高くなればなるほど、より塗料が長持ちしやすくなっています。
それだけでなく、防水性や耐候性などの機能面でも差が生じています。


□外壁塗装の費用相場の内訳とは

この章では外壁塗装の費用相場の内訳について紹介します。
第1に、材料費が挙げられるでしょう。
材料費には塗料や養生シートなどの、塗装をする際に使用される道具の費用が含まれており、その額は全体の工事費用のおよそ2割を占めています。

第2に足場の費用が挙げられるでしょう。
塗装工事をする際には仮設足場と呼ばれる安定した足場で家を囲むように建てます。
安定した足場はきれいに塗装するためには必須となっており、その額は全体の工事費用のおよそ2割を占めています。

第3に人件費が挙げられるでしょう。
職人さんだけでなく、塗装工事に関わる人達を動かすための費用です。
熟練度に応じて人件費にもズレが生じますが、その額は全体の工事費用のおよそ3割を占めています。

第4に運営費などの諸経費が挙げられるでしょう。
依頼主の家に向かうのにかかる交通費や塗装工事をするための許可を得る際にかかる費用など、様々な種類の諸経費がかかってきます。
諸経費は、すべて込みでおよそ3割を占めています。

このように外装塗装の費用相場の内訳を見ると、どこにお金がかかっているかが容易に分かります。


□まとめ

今回は山口にお住まいの方に向けて外装塗装の相場を紹介しました。
外壁塗装にかかる工事費用は、数多くの要素から構成されています。
値段が相場から大きく外れている時には、施工業者に費用の内訳を説明してもらうことをおすすめします。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP