Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

107.外壁塗装の費用は減税できるのか 山口の業者が解説します!


外壁塗装の費用を安くするための方法として、減税の利用が挙げられます。
ただ減税に関するシステムは理解しづらく、手続きも面倒なので見逃してしまう方も多いのではないでしょうか。
しかし整理すればすっきりと理解できる制度でもあります。
そこで今回は、山口の業者が外壁塗装の費用を減税する方法について紹介します。


□外壁塗装工事で節税をする方法とは

この章では外壁塗装工事で節税をする方法のうち、住宅ローン減税に関する中身について詳しく解説します。
住宅ローン減税とは、10年以上の長期にわたるローンを組んだ際に、工事料金の一部を翌年の所得税および住民税から減額するという制度です。

イメージをつかむために、具体的な事例に沿って住宅ローン減税について考えてみましょう。
500万円かかる外壁塗装工事を行うために、ローンを組んだとします。
ローンを組んだ年の終わりまでに50万円支払った場合、翌年の所得税および住民税から残りのローンの金額である450万円の1パーセントに当たる最大4万5千円が減税されます。
どのような制度か理解していただけたでしょうか。

ここからは、住宅ローン減税を利用ために必要な条件について紹介します。
工事後の床面積が50平方メートル以上であること、10年以上にわたるローンを組んでいること、建物の所有者かつ居住用の空間が床面積の半分以上あること、耐震基準をクリアしていること、合計所得金額が3000万円以下であること、増改築等であれば費用が100万円以上になること、そして工事から半年以内に居住することが挙げられます。
外壁塗装工事は増改築等に該当するので、費用が100万円以上になる必要がある点に特に気を付けてください。


□住宅ローン減税と住宅ローン控除の違いとは

この章では住宅ローン減税と住宅ローン控除の違いを紹介しつつ、手続きを行う際の注意点を紹介します。
住宅ローン減税と住宅ローン控除はどちらも、住宅借入金等特別控除のことを示しているので、同じものと考えてもらえば良いでしょう。
対象条件や給付金額、手続き方法などにも違いはないので、惑わされないようにしましょう。

手続きを行う際に注意すべきこととして、職種を問わずに確定申告を行う必要があることが挙げられます。
書類提出も別途必要となりますが、その期限が申告を行う年の2月中旬から3月中旬までになる点にも注意しましょう。


□まとめ

今回は山口の業者が外壁塗装の費用の減税について紹介しました。
基本的に外壁塗装の費用が高額になった方向けの制度なので、値段を抑えることを第一に考えている方にはあまりおすすめできない制度となっています。
対象に当てはまりそうな方はぜひご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP