Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

109.山口にお住まいの方へ!外壁塗装と咳などの症状の関係とは?


外壁塗装の際に、多くの方が健康への影響を気にするのではないでしょうか。
特に、喘息持ちの方であれば咳に関する問題がないか不安になりますよね。
そこで今回は、健康への影響の中でも特に咳について、山口の業者が外壁塗装との関連性と対策法を紹介します。


□外壁塗装と咳との関連性とは

この章では外壁塗装と咳を含む健康への影響との関連性について紹介します。
外壁塗装で使用される塗料には化学物質が使われており、その化学物質が原因となって咳が止まらなくなるという事例は存在します。
一般的に「シックハウス症候群」と呼ばれる症状が該当しますが、建築基準法により原因物質であるホルムアルデヒドを飛散させる建築材料の使用には制限が設けられています。
ホルムアルデヒドは粘膜への刺激性を主とする急性の毒性があり、その結果呼吸器系や目、のどなどに炎症を引き起こすでしょう。

ホルムアルデヒド以外にもキシレンなどの揮発性有機化合物が充満していると、独特の刺激臭により気分が悪くなることがあります。
キシレンは新築の建物に入った時に感じられる独特な臭いの原因となっているのです。

ただ、外壁塗装の場合はあくまでも家の外で行われるので、直接的な害はほとんど無いと考えてもらって大丈夫でしょう。
ただ臭いに敏感な方や喘息持ちの方は次の章も読んで、適切な対応を身に付けることをおすすめします。


□外壁塗装中に咳が止まらない時の対処法とは

この章では外装塗装中に咳が止まらないなどの健康被害が出た時の正しい対処法を紹介します。
1つ目に、工事期間中だけは屋内に立ち入らないようにすることが挙げられるでしょう。
確実に外壁塗装の影響は避けられますが、滞在場所や費用などの別の問題が生じる点に関しては避ける必要があるでしょう。

2つ目に、臭い対策のマスクを着用することが挙げられるでしょう。
まずは不織布タイプのマスクを利用してみることをおすすめします。
不織布タイプのマスクでは不十分な場合、本格的な防毒マスクの利用もおすすめします。

3つ目に、水性塗料を利用することが挙げられるでしょう。
油性塗料は臭いが強い種類が多いので、油性塗料を利用しようとしている場合には水性塗料で代用することをおすすめします。


□まとめ

今回は外壁塗装中の健康被害の種類とその対策法を紹介しました。
臭いへの耐性が無いと思われる方は業者に事前に相談してみましょう。
少々工事費用が高くなる場合もありますが、環境に配慮した塗料や工程を組んでくれるでしょう。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP