Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

115.山口県の方必見!外壁塗装で、ペンキと塗料との違いとは?


「外壁塗装を考えているが、塗料とペンキの違いがわからない。」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
ペンキと塗料の違いを解説できる方は、少ないかもしれません。
そこで、今回はペンキと塗料の違いについて解説します。

□塗料とペンキの違いとは?

外壁塗装で使われる塗料とペンキは、異なります。
ペンキは、外壁や屋根を塗装するために使われることはありません。
しかし、塗料と言われても一般の方だとイメージできないことがあるので、わかりやすく説明するために、塗料をペンキと呼ぶことがあります。

そのため、混同して使用する方もいらっしゃいます。

そこで、塗料とペンキの違いについて解説していきます。
1つ目の違いは、ペンキは外壁を災害から保護する効果を持っていないことです。
つまり、外壁塗装をペンキで行った場合、耐久性が上がることはありません。

ペンキは、ホームセンターで手軽に購入できるので、屋内のイメージを変えたいときに使われることが多いです。

2つ目の違いは、ペンキを使っても、紫外線や水の耐久性を上げられないことです。
ペンキには紫外線や水への耐久性を上げる効果はありません。
そのため、耐久性を上げたい場合は外壁塗装に特化した塗料を使うことが多いです。

このように、外壁塗装では専用の塗料を厳選して使用することで、住宅の耐久性や防音性などを上げられます。
さらに、塗料で外壁を保護できる期間は、グレードによって差はあるものの、約10年間は外壁や屋根を保護できることが多いです。

□塗料を使うことで外観だけでなく、住宅性能に良い影響をもたらす。

塗料は、外観を良くするだけではなく、住宅性能を上げる役割も持っています。
例えば、塗料には住宅の寿命を大きく伸ばしてくれる効果があります。
耐久性が上がる理由は、外壁塗装による木目の隙間を埋めることで、水の侵入や、ひび割れを防ぐからです。

そのため、外壁塗装することでより長く今の住宅に住めるでしょう。

また、カビやシロアリの被害を防止する効果もあります。
外壁塗装を行うことで、水分の侵入を防ぎ、カビの繁殖やシロアリによる木材の腐食を、未然に防止できるでしょう。

そして、塗料には断熱効果と遮熱効果を上げる役割もあります。
外壁塗装を行うことで、部屋の空気を外に逃さず、冬でも暖かく過ごせるでしょう。

また、塗料には省エネ効果もあります。
外壁塗装の塗膜が外壁のひび割れを防ぐことで、気温を調節し、空調の役割を担ってくれます。
そのため、電気代やガス代を節約することにつながり、省エネ効果を得られます。

□まとめ

塗料とペンキの違いと、塗料の機能性について解説しました。
外壁塗装で、塗料を選ぶことはとても重要です。
外壁塗装をお考えの方は、当社までご相談ください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP