Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

116.山口県の方必見!外壁塗装の材料の種類について解説します!


「外壁塗装にはどのような塗料が使われているのだろうか。」
このような疑問を持ったことはありませんか。
外壁塗装に使われる塗料を知ることで、外壁塗装に対する理解が深まるでしょう。

□外壁塗装の塗料で使われる4つの構成物質とは?

塗料にどのような材料が使われているか知らない方に4つの成分についてご紹介します。

塗料は主に、合成樹脂・溶剤類・顔料・添加剤の4つで構成されています。
これら4つの物質は、グループ分けが可能で、それぞれ特徴が違うので覚えておきましょう。
合成樹脂・顔料・添加剤の3種類は、乾燥して、塗料が固まることで効果を発揮します。

その反面、溶剤類はサブとして使われることが多いです。
乾燥すると、蒸発して気体に変わる成分であり、固まることで、効果を発揮する他の三種類の構成物質とは違います。

以下で、4つの構成物質の具体的な効果について1つずつ解説していきます。
まず、合成樹脂は、耐久性を左右する成分で、水害や地震から守ってくれる働きがあり、紹介した4つの中で一番重要な成分と言えるでしょう。
そのため、多くの住宅の塗装工事で使われることが多いです。

そして、添加塗料剤は、塗料の塗膜に大きく貢献する成分で、外壁に艶を出す役割や、壁の強度を調整する役割を持っています。

顔料は、塗膜に色をつける成分のことを指します。
色をつけることで、外壁塗装のデザインに大きく貢献するので、こちらも外壁塗装に欠かせません。

溶剤類は、塗料の水分量を調整する成分です。
水分を調整することで、住宅の外観や剥がれの防止に貢献します。
そのため、溶剤類も外壁塗装には欠かせません

このように、塗料には外壁塗装に必要な物質が多く含まれています。

□外壁塗装の塗料の選び方とは?
以下で、外壁塗装の塗料の選び方についてご紹介します。

1つ目の方法が、予算の上限を明らかにして選ぶ方法です。
外壁塗装で使用されている塗料の費用は幅広いので、安易に塗料を決めてはいけません。
例えば、費用が高い塗料は、住宅の寿命を伸ばす効果が強く、長期間もちます。

塗料を決めるときは、支払いの上限を決めておくと、外壁塗装の業者との手続きがスムーズに進むので、おすすめです。

2つ目の方法が、塗料の機能性を基準にして選ぶ方法です。
近年では、遮熱性の高い塗料や、室内温度を調整する塗料のように、塗料の機能性が幅広いです。

そのため、予算で決めるのではなく、塗料の機能性を重視して、外壁塗装を検討してみるのも良いでしょう。

□まとめ

外壁塗装の理解が深まれば、外壁塗装に対する興味も湧いてくるでしょう。
山口県で外壁塗装に関してお困りの方は、経験豊富な当社までご相談ください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP