Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

117.山口県で外壁塗装でお悩みの方へ!犬を飼っているときに注意することとは?


「外壁塗装を検討しているが、犬を飼っているので、少し不安。」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
大切なペットに嫌な思いをさせたくありませんよね。
そこで、今回はよくある犬に関する失敗と対策について解説します。

□外壁塗装でよくある犬に関する失敗とは?

犬にとって、外壁塗装は大きな危険要素になる可能性があることをご存知でしょうか。
塗料に含まれている物質が犬にとって有害であれば、最悪の場合、死亡する可能性があります。

では、外壁塗装中に犬に害を与える失敗は、どのようなものが考えられるのでしょうか。
今回は、3つのよくある失敗をご紹介します。

1つ目は、犬を飼っていることを塗装業者に伝え忘れることです。
業者に伝えてないと、塗装したフェンスや外壁に犬が近づいて、うっかり外壁に触れてしまう可能性があるでしょう。
そのため、事前に塗装業者に犬を飼っていることを伝えておきましょう。

2つ目は、外壁塗装の工事が、犬にとって有害であることを飼い主が知らないことです。
どのような状況だと、犬にとって有害なのかを知らなければ、対策できません。
例えば、塗料で使われる物質の一種である有機溶剤をご紹介しましょう。

有機溶剤は、気体に変わることで刺激臭を発生させ、犬に害を与える物質です。
さらに、有機溶剤に該当するシンナーは、犬だけでなく、人体にとっても有害な物質なので、犬だけではなく人間も、塗料に近づけないように注意しましょう。

このように、あらかじめ有害な物質について学んでおくと、ペットを守る助けになるでしょう。

また、塗料の臭いを犬が嗅いでしまうと、アレルギーやふらつきなどの体調不良を引き起こすと言われています。
さらに、臭いを嗅ぐだけでなく、塗料を舌で舐めてしまうと命を落とすこともあるので、細心の注意を払いましょう。

3つ目は、換気ができない部屋にも関わらず、犬を部屋の中に閉じ込めてしまうことです。
犬は体温調節や外出を、自分の意思で行えないので、密閉された塗装作業中の空間に閉じ込めるのは非常に危険です。
犬のいる空間には気を配るようにしましょう。

□外壁塗装から犬を守る方法とは?

1つ目は、犬を塗料の缶に近づけないようにする方法です。
犬は嗅覚が優れているので、人間より塗料の悪影響を受けやすいです。
そのため、目に見えないところまで、犬と塗料の距離を離しておきましょう。

2つ目は、塗装業者の見積もりで、塗装業者に犬の性格や病歴、習性などを伝えておく方法です。
事前に伝えておくことで、犬を外壁に近づけずに、工事してくれるよう塗装業者が配慮してくれるでしょう。

□まとめ

外壁塗装で犬に関するよくある失敗と対策について解説しました。
ペットを飼っている方で、外壁塗装をお考えの方は注意しましょう。
外壁塗装でお困りの方は、当社までご連絡ください。 

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP