Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

121.下関市にお住まいの方必見!外壁塗装で使う塗料にはグレードがある?


「外壁塗装を考えているが、グレードが高い塗料はどの塗料かわからない。」
このようなお悩みをお持ちではありませんか。
外壁塗装のグレードをしっかり理解すれば、業者の方とスムーズな相談ができます。

□塗料はどのような種類がある?

塗料のグレードは高い順で、フッ素、シリコン、ウレタン、アクリルとされています。
これは、建物が持続する耐用年数を基準にしていることが多いです。

今回は、この四種類の塗料と、最近使われるようになった「ラジカル塗料」の大きく分けて五種類の塗料をご紹介します。
もし興味のある塗料があれば、業者の方と相談して外壁塗装に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

一種類目は、ウレタン系塗料です。
大きな特徴は、防水性と耐久性が優れている点でしょう。

また、デザインも豊富なので、バランスに優れている塗料と言われています。
費用もリーズナブルなので、予算をできるだけ抑えたい方にもおすすめでしょう。

二種類目は、アクリル系塗料です。
デザインを鮮明に見せられるため、外壁の色をアピールしたい方におすすめと言えるでしょう。

さらに、ウレタン系塗料と同様に、費用がとても安いため、定期的に外壁塗装を行いたい方におすすめです。
しかし、耐用年数があまり長くないため塗装回数が増えることが面倒だと感じられる点がデメリットと言えるでしょう。現在はあまり使われていません。

三種類目は、シリコン系塗料です。
ひび割れにとても強い塗料と言われ、防水性がとても高いので、建物が浸水する恐れがほとんどありません。
塗料の塗膜が頑丈なので、多くの方から愛されている人気の塗料です。外壁塗装の7割がシリコン塗料です。

四種類目は、フッ素系塗料です。
耐久性がとても高いので、建物の安全性ではトップクラスの塗料と言われています。

□「ラジカル塗料」とは?

大きな特徴は、塗料の粉末化をできるだけ押さえてくれます。
つまり、塗料の耐用年数の上昇につながるため、多くの方から注目されるようになりました。塗膜の劣化は主に紫外線とされています。塗料に含まれる酸化チタンが紫外線の影響で、自らラジカルといわれる物質を生成することで、劣化が促進されます。このラジカルへの生成を制御、抑制する機能を持った塗料です。

そして、遮熱塗料を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
遮熱塗料とは、塗膜表面の温度上昇を防止するために開発された塗料です。

このように、塗料はたくさん存在します。
しかし、どの塗料がお客様に適しているかわからないですよね。
外壁塗装にご興味がある方は、お気軽に当社までご相談ください。

□まとめ

今回は、外壁塗料のグレードについてご紹介しました。
お困りの方は、少しでも参考になれば幸いです。
また下関市でお悩みの方は、お気軽に当社までご相談ください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP