Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

125.外壁塗装をお考えで下関市の方必見!色選びはどのようにすれば良い?


「外壁塗装を考えているが、どのような色が良いのだろうか。」
このようなお悩みを持っている方は、たくさんいらっしゃいます。
そこで、今回は外壁塗装の色についてご紹介します。

□外壁の汚れが目立ちやすい色とは?

外壁塗装が終わった後、外壁の汚れが目立ってしまうと古臭いイメージが付いてしまいますよね。
新しく外壁塗装を行ったのに、汚れが目立つことで後悔することはもったいないです。
一般的に汚れが目立ちやすい色は、決まっています。
例えば、代表的な色として白や黒が挙げられるでしょう。

これらの色で外壁塗装を行った場合、汚れが目立ってしまう恐れがあります。
黒色が、外壁塗装の汚れが目立つことは意外だと感じられるかもしれません。

しかし、外壁の汚れはコケやホコリ、鳥のフンのような多くの汚れが考えられます。
そして、黒色には汚れを認識しやすい性質を持っているので、外壁塗装の色としてあまりおすすめできません。

それでは外壁塗装の色に使うと、汚れが目立ちにくい色は何が挙げられるのでしょうか。
代表的な色はグレーです。

なぜなら、黒と異なって周囲の色と調和しやすい性質を持っているため、汚れが目立ちすぎることがありません。
それゆえ、グレーは外壁塗装の人気色として多くの方に支持されています。

□外壁の色はどのようにして決めるべき?

外壁の色は汚れだけでなく、他の要素を考慮して決める方法もおすすめです。
今回は、2つの要素をご紹介しましょう。
一点目が、面積効果について説明します。

面積効果とは、色の面積が変わるにつれて色の印象が大きく変わることです。
例えば、面積が大きくなると鮮やかな色に見えます。

逆に、面積が小さくなると暗い色に見えてしまうでしょう。
このように外壁の色は、人間の錯覚を考慮して決める必要があることを知っておくと良いでしょう。

二点目は、屋根との相性で決めることです。
外壁と屋根はつながっているので、相性が悪い色を使用すると、住宅全体のイメージが悪くなるかもしれません。
それゆえ、屋根の色と相性が良い色を使用することを心がけましょう。

外壁の色は「屋根との相性」「面積効果」「グレー」を意識することがとても重要です。
これらの要素を総合的に考えることが、満足できる外壁塗装に繋がります。
どの色を選ぶかお悩みの方は、ぜひ参考になれば幸いです。

□まとめ

外壁塗装の色について解説しました。
住宅の汚れが目立ちにくいと、きれいな住宅に見えるので、印象も良くなるでしょう。
お困りの方は、下関市にある当社までご相談ください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP