Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

126.下関市にお住まいの方へ!外壁塗装で断熱するメリットとは?


「外壁塗装で住宅の断熱性を上げたい。」
このようなお悩みを、お持ちの方はいらっしゃいませんか。
断熱性をグッと上げて、快適な生活を過ごせるようになると便利ですよね。

□断熱塗装にはメリット・デメリットがある。

断熱塗装を行うメリットは、冷暖房を活用せずに快適に過ごせるようになることです。
断熱塗装を行うことで、外気熱が住宅に侵入しづらくなり、住宅の熱が外部に放出しづらくなるでしょう。
それゆえ、一年中住宅の室温変動が少なくなることはうれしいですよね。

反対にデメリットは、断熱塗装のデザインがまだまだ少ないので、外壁のイメージがガラッと変わってしまうかもしれません。
通常の塗料と異なって、断熱塗装は明るいデザインが多く流通しています。

それゆえ、明るいデザインを断熱塗料に使うことで、外壁のイメージが大きく変わります。
外観が大きく変わることをデメリットだと感じるのであれば、あまりおすすめではありません。

さらに、ひび割れのリスクもあります。
通常の塗料よりひび割れが起きやすいと言われています。
それゆえ、技術力が高い業者を選ぶ必要があるでしょう。

□遮熱塗料がおすすめの住宅とは?

断熱塗装と混同されやすいですが、大きな違いが一つあります。
それは、遮熱塗装は住宅の熱を放出する可能性があることでしょう。

しかし、日差しの熱が住宅に侵入するリスクを大幅に減らしてくれるので、猛暑が苦手な人には遮熱塗装がおすすめです。
遮熱塗料は、省エネ効果が大きく最近注目され始めた塗料です。

今回は、遮熱塗装のメリット、デメリットをご紹介します。
一点目のメリットは、節電効果が高いことでしょう。
遮熱塗料で日光による室内温度の上昇が少なくなるため、冷暖房をあまり使わなくて済みます。

二点目のメリットは、外壁材の寿命を伸ばすことです。
特に、遮熱塗料を金属製の住宅に塗布することで、外壁の温度を一定に保ちやすくなるでしょう。
そのため、ひび割れが少なくなり、外壁材の寿命が伸びると言われています。

反対に、デメリットとして挙げられることは費用が少し高いことです。
遮熱塗料は性能が高い反面、予算が負担になるケースがあります。
通常のシリコン塗料より2倍以上の費用がかかることも珍しくありません。

二点目のデメリットは、技術力の高い業者でないと塗料を塗布することが難しいです。
塗膜をうっかり傷つけてしまっては、外壁塗装の性能が悪くなってしまいます。
それゆえ、技術力の高い業者を選ぶようにしましょう。

□まとめ

外壁塗装で断熱するメリットについてご紹介しました。
ぜひ本記事がお役に立てれば幸いです。
外壁塗装でお困りの方は、お気軽に下関市の当社までご連絡ください。 

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP