Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

130.下関市にお住まいの方へ!外壁塗装で使われるフッ素の特徴とは?


下関市で外壁塗装をしようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装で用いられる塗料にはたくさんの種類があります。
その中の1つに、フッ素系と呼ばれる塗料があります。
今回は、フッ素系塗料のメリットについてご紹介します。

□フッ素系塗料の特徴

そもそもフッ素系塗料とは主成分が合成樹脂で、その樹脂にフッ素が含まれている塗料のことを指します。
フッ素系の塗料には、外壁塗装の塗料としての性能がとても高いという特徴があります。
以下では具体的な性能について確認しましょう。
フッ素系塗料の特徴として挙げられる性能の1つ目は、耐久性です。
フッ素系塗料は外壁材としっかり密着する性質があるため、一般的な塗料と比較して耐用年数が長いと言えるでしょう。

2つ目の性能は、耐熱性です。
フッ素系の塗料は、主流とされているシリコン系塗料に比べて太陽光や紫外線によるダメージを受けにくいとされています。
シリコン系の塗料には、遮熱や断熱性能を追加したものもありますが、遮熱や断熱の観点から見てもフッ素系塗料の方が優れていると言えるでしょう。

3つ目の性能は、親水性です。
親水性とは、水と密着する性質のことを指します。
この親水性があることで、汚れが付いてしまったとしても、水が接着面に入り込むことで汚れが簡単に落ちるという特徴があります。

ここまでだと、フッ素系塗料にはメリットが多いように感じられますが、価格が比較的高額であるというデメリットが挙げられるでしょう。
しかし、フッ素系の塗料は、外壁塗装で主流となっているウレタン系塗料やシリコン系塗料を比べると圧倒的に性能が良いです。
そのため、塗装を行う際の費用が高額になる傾向がありますが、メンテナンスが必要になるまでの期間も伸びるため、長期的に考えると費用を抑えられるかもしれません。

□フッ素系塗料の最も大きなメリットとは?

フッ素系塗料の最大のメリットは、耐久年数が長いことです。
耐久年数とは、特別なダメージを受けなければ、その年数の間外壁を保護してくれるという目安の期間です。
その期間が、ウレタン系塗料は5年から8年、シリコン系塗料は8年から12年程度と考えられていますが、フッ素系塗料は12年から15年です。
この耐久性の高さは、他の塗料と比較すると最も耐久年数が長いと言えるでしょう。

耐用年数が長いことによって、メンテナンスの回数が減らせたり、より長い工事保証期間が設定されたりするでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装に使用されるフッ素系塗料について解説しました。
フッ素系塗料のメリットとデメリットについて知っていただけましたか。
外壁塗装にかける費用に余裕があり、外壁を長期的にきれいな状態で保ちたいとお考えの方はぜひフッ素系塗料を検討してみてください。

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP