Tel:083-222-0570受付:8:00~20:00 休業日:日曜日

133.下関市にお住まいの方必見!雨が降ったときは追加費用がかかる?


「外壁塗装工事で追加費用が発生する場合ってあるのか?」
「工事中に雨が降った際の対応について知りたい。」
このように外壁塗装の工事について具体的に知りたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
ここで今回は外壁塗装の工事中に雨が降った場合について解説します。

□外壁塗装は雨の日にも行える?

外壁塗装中に雨が降ると、作業を中止する場合があるでしょう。

作業を中断するかの判断は、作業内容によって異なります。
塗装を安全に行うための足場を設営する段階では、多少の雨であれば作業が行われます。
しかし、激しく雨が降っていると、足場の組み立ては危険を伴う可能性があるため、作業を行う人の安全を考慮して作業を中断する場合があります。

一方で、塗装の作業は雨が降っていると中断される可能性が高いと言えるでしょう。
塗料は完全に乾燥させることで、その効果を発揮します。
雨の日に塗装を行うと、壁に水分が付いてしまうだけでなく、乾燥が不十分な状態となる可能性が高いでしょう。

また、小雨であったり、湿度が高かったりする時には塗装を延期する場合があります。
その理由は、塗料には気象条件があり、湿度が85パーセントを超える場合には、乾燥する途中で塗膜の表面が白くぼけた状態になってしまうからです。

せっかく外壁の塗装を行うならば、きれいな状態が長く続く塗面にしたいですよね。
そのような希望を叶えるためには、塗装の耐久性を高めるためにも、雨の日に塗装作業を行うことは避けるべきと言えるでしょう。
そのため、結果的に雨が降り続くと工事期間が延びてしまうこともあることを考慮しておきましょう。

□雨で工事期間が延びても追加費用はかからない?

雨天などの影響で、工事期間が延びてしまったとしても追加費用は発生しません。
一般的に、外壁塗装のスケジュールは1日から2日の悪天候による中断を想定して計画されています。
そのため、1日程度天候を理由にして、工事が伸びてしまっても工期がずれることはないでしょう。
もしも、工期が伸びてしまった場合でも追加費用を請求する業者は、悪徳業者の可能性があるため注意しましょう。

また、雨天だけでなく、結露や湿気などにより工期が伸びてしまった場合にも、追加費用がかからないことを知っておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、下関市にお住まいの方に向けて、外壁塗装工事における雨について解説しました。
塗面の耐久性を高めるためにも、雨が降っている時は塗装を行わない方が良いことをおわかりいただけたと思います。
雨が降ることも考慮して、外壁塗装工事の日程を把握しておくことをおすすめします。 

↓Click!






このボックスは

class="box1"
とすると出ます。ここに画像を置く場合、188px(※PC環境)まで。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

ボックスの外も

使えます。ここは幅200px(※PC環境)まで。

↑ PAGE TOP